さつま町消防本部
救急情報

AEDについて

在宅当番医のご案内

小児救急の電話相談

救急車のご利用





熱中症を防ごう

令和2年度の熱中症予防行動

 令和2年5月4日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において、「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」が示されました。
 今後は、一人ひとりが感染防止の3つの基本である①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いや「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実施することが求められています。
 今年の夏は、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなりますが、例年以上に熱中症にも気をつけなければなりません。


熱中症とは?
 温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、
体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害をおこす症状のことです。

 家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意
が必要です。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント
1.暑さを避けましょう
 ・エアコンを利用するなど部屋の温度を調整
 ・感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整
 ・暑い日や時間帯は無理をしない
 ・涼しい服装にする
 ・急に暑くなった日等は特に注意する

2.適宜マスクをはずしましょう
 ・気温や湿度の高い中でのマスク着用は要注意
 ・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす
 ・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩を

3.こまめに水分補給をしましょう
 ・のどが渇く前に水分補給
 ・1日あたり1.2リットルを目安に
 ・大量に汗をかいた時は塩分を忘れずに

4.日頃から健康管理をしましょう
 ・日頃から体温測定、健康チェック
 ・体調が悪いと感じた時は、無理をせず自宅で静養

5.暑さに備えた体作りをしましょう
 ・暑くなり始めの時期から適度に運動を
 ・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で
 ・「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度

環境省熱中症予防情報サイト(http:www.wbgt.env.go.jp/)
 環境省のウェブサイト「環境省熱中症予防情報サイト」では各種普及啓発資料や、熱中症のかかりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)」を公表しています。





熱中症に関する・リーフレット・予防啓発ポスターはこちら!!

 ◎熱中症対策リーフレット (PDF:1.34MB)

 ◎熱中症予防啓発ポスター (PDF:2.30MB)

 ◎令和2年度 熱中症予防行動の留意点について PDF:4.55KB)