さつま町消防本部
さつま町消防団

消防団の組織

消防団の年間行事

消防災害支援隊員を募集

消防団協力事業所表示制度

消防団員募集





さつま町には「さつま町消防団」が組織されており,それぞれの地域ごとに,宮之城東部方面隊(7分団)・宮之城西部方面隊(6分団)
・鶴田方面隊(5分団)・薩摩方面隊(4分団)を配置し,定数452名で活動しています。

平成29年4月1日からさつま町消防団本部に女性部が発足しました。 【【 引き続き、団員を募集しています!! 】】

さつま町消防団の組織図

◆さつま町消防団の沿革

平成17年 3月 市町村合併により,宮之城町消防団,鶴田町消防団,薩摩町消防団解散
            新町「さつま町」発足と同時にさつま町消防団4方面隊,定数542名で組織
           櫛山健一氏 初代団長に就任
平成17年 5月 さつま町消防団発足式
平成18年 7月 鹿児島県北部豪雨災害発生
平成18年 7月 虎居分団消防自動車(A-2級)購入
平成19年 2月 防災功労者消防庁長官表彰を受章
平成19年 3月 役場分団解団し定数526名に改正
平成19年 9月 柊野分団ポンプ積載車購入
           防災功労者内閣総理大臣表彰を受章
平成19年10月 MCA無線を全分団に配備
平成20年 3月 薩摩方面隊求名分団,中津川分団,永野分団の部制を廃止
平成20年 4月 分団再編により定数483名に改正
           薩摩方面隊に南求名分団を新設し,4分団121名で組織
平成21年 4月 萩木塲光三氏 2代団長に就任
平成21年10月 柏原分団車庫完成
平成23年 2月 虎居分団車庫完成
平成23年 4月 末吉義人氏 3代団長に就任
平成23年10月 中津川分団消防自動車(A-2級)購入
平成24年 3月 川原分団車庫完成
平成24年 4月 定数452名に改正
           柊野分団を鶴田方面隊に編入し,5分団103名で組織
平成24年10月 求名分団消防自動車(A-2級)更新
平成25年10月 永野分団消防自動車(A-2級)更新
平成25年12月 船木分団車庫完成
平成26年12月 川原分団水槽付消防自動車(A-2級)更新
平成27年 3月 佐志分団車庫完成
           日本消防協会表彰「竿頭綬」を受章
平成27年10月 紫尾分団消防自動車(A-2級)購入
平成28年 4月 一ツ木分団を白男川分団に編入し、定数32名に改正
平成28年 8月 団本部に女性部(定数10名)を新設
           白男川分団を定数25名,二渡分団を定数24名に改正
平成28年10月 新基準活動服運用開始
           佐志分団消防自動車(A-2級)購入
平成29年 4月 団本部に女性部を発足