さつま町消防本部
注意!あぜ焼きからの延焼火災!!


毎年この時季は、あぜ焼きからの火災が多発します。
 春の農繁期を目前に控えたこの時季、あぜ焼きのモクモクとした白煙があちらこちらの田畑から立ちのぼる光景をよく目にします。
 そんなのどかな農村風景が一瞬にして恐怖の光景に変わるのが、このあぜ焼きからの延焼を原因とした林野火災や枯れ草火災です。
 
 あぜ焼きからの林野火災は、ちょっとした油断や準備不足が原因で周囲の枯れ草に燃え移り、やがては山林にまで延焼するといったケースがよくみられます。
 
 あぜ焼きをされる場合は、風の状態や周囲の状況などに十分注意してください。また、あぜ焼きをされる場合は、事前に必ず役場耕地林業課で『火入れ許可』を受けてから実施するようにしてください。
 
 ※役場へ火入れ許可を出されると、消防署への『揚煙届出書(火災とまぎらわしい煙又は火炎を発するおそれのある行為の届出書)』の届出は必要ありません。

※※火入れ許可を受けなければならない用件は次のとおりです。※※
●造林のための地ごしらえ
●開墾準備
●害虫駆除(あぜ焼きを含む)
●焼畑
●採草地の改良



●揚煙行為等の注意事項●
☆強風の日は中止(延期)すること。

☆できるかぎり多数の監視人をおくこと。

☆少しずつ小分けにして実施すること。

☆点火位置が点在する際は、風下のほうから実施すること。

☆水バケツ、消火用具等の準備をすること。

☆傾斜地は山上のほうから行うこと。

☆火入れ前後には再度連絡すること。(消防署52-0119)

☆夕方には早めに切り上げて後始末を完全に実施すること。

☆木製電柱、電話ケーブル等に注意して実施すること。

☆付近住民等の第三者からの苦情があった場合、役場町民環境課から中止の指導がある場合もあります。