さつま町消防本部
ガソリン携行缶の取り扱いにご注意ください!!


 ガソリン携行缶の誤った取り扱いが原因で、引火・爆発等の重大事故が発生しています。

ガソリンはとっても危険!!
●ガソリンは非常に揮発(液体が気体となって拡散すること)しやすい液体で、その蒸気は爆発的に燃焼します。

●小さな火や衝撃による火花などでも簡単に引火し、その引火はたとえ気温が-40℃であっても起こります。

●ガソリンの蒸気は空気よりも重く、低いところに滞留し遠くまで流れることがあり、離れた場所にある火源でも引火する恐れがあります。

●ガソリンは静電気をためやすい性質を持つため、静電気火花による着火の危険性もあります。

※ガソリン携行缶を取り扱うときの注意点※
●自動車・発電機・農業機械などに給油するときは、エンジンを確実に止めましょう。

●周囲に火気(タバコの火など)がないことを確認し、圧抜きを行ってからふたを開けましょう。
※圧抜きをしないでふたを開けると、ガソリンが噴き出す恐れがあります。

携行缶1
圧抜きバルブがある携行缶

携行缶2
圧抜きバルブがある携行缶

携行缶3
圧抜きバルブがない携行缶

圧抜きバルブがない携行缶の操作手順

AのふたとBのノズルキャップの2つ
があります。


Aのふたを緩め、「シューッ」という音が
聞こえなくなるまで圧力を抜きます。


圧力を抜いたらノズルを引き出し、Bの
キャップを外して確実に取り付けます。

携行缶に給油するときの注意点
●セルフスタンドで利用者自らが携行缶にガソリンを入れることは法令で禁止されています。購入する際は、必ず従業員に依頼しましょう。

●灯油用のポリタンクにガソリンを入れると、ポリタンクとガソリンの間で静電気火花が発生し、引火する恐れがあります。必ず金属製のガソリン専用携行缶を使用してください。

●混合油であっても危険性はガソリンと同じです。